経営者のための
占い情報源

WizBiz経営者占い

あなたの今年の運勢は如何に!!

あなたの九星から観る今月の運勢

では、あなたの2020年11月の運勢を観ていきましょう。

まず、あなたの九星を調べます。

下記にあなたの生年月日を入力してください!

そして、あなたの九星がしめす、2020年11月の運勢をチェックしましょう!

九星の自動計算はコチラ

1932年(昭和7)から2031年(令和13)まで、自動計算できます。

           
       
西暦
       
           

あなたの生まれた年の九星
です。

今月の運勢は、
あなたの九星をタップ!!

どのような場面でも気持ちを緩め過ぎないよう注意するとよい月です。

友人との会食で仕事上のグチをこぼしていたところ、居合わせていた関係者に聞かれてしまうような運気。今月は、内緒話でも何故か発覚して問題が大きくなりやすい時期です。特に得意先や目上に関するグチや文句は極力発言・発信しないようにしましょう。イライラする相手のことなど忘れ、上手く気持ちを切り替えて楽しい時間を過ごしましょう。

ページTOPへ

あらかじめ起こり得る有事を想定して心構えをしておくとよい月です。

長雨が続いた影響で少しの雨量でも土砂崩れの心配があるような運気。安全な避難所の確認や経路、移動手段、連絡方法などを家族と話し合いましょう。今月は、突発的な問題が起こると「心ここにあらず」の状態になり、誤情報を信じて間違った判断をしがちです。気をしっかり持ち、焦らず現状を見極めましょう。周囲の意見に従うと無難に過ごせます。

ページTOPへ

何事も「前例の踏襲」にこだわらず取捨選択を意識して行動するよい月です。

引き継ぎをしてから続けてきた仕事や作業の見直しをするような運気。無駄な時間を省き効率を上げるためのアイデアを提案してみましょう。高く評価される一方で、波乱を生むきっかけにもなりそうです。感情的になると悪目立ちするので注意しましょう。トラブルに直面した場合は、よく考えて腐れ縁は早々に断ち切ると新たな出会いがありそうです。

ページTOPへ

焦る気持ちを落ち着かせて体調を整える工夫をするとよい月です。

仕事が忙しくなり、体調不良でも頑張ってしまうような運気。納期が迫ってきたり依頼事が増えたりしても、今月は無理をすると後々まで長引く暗示があります。思い切って休みを取り、回復に専念しましょう。身体を冷やさないよう飲食物にも気を付けて過ごすと心身共に緊張がほぐれ頭の中も整理でき、ふと目にした情報や知識でも今後に活かされます。

ページTOPへ

普段よりも責任感をもって一つ一つこなしていくとよい月です。

今の仕事に加えて様々な方面から依頼がくるような運気。全て完遂する自信があっても六分目位に留めておきましょう。今月は不確定要素が多くはっきりとしない案件が増え、イライラが態度や言動に出てしまう暗示があります。依頼主からの明確な指示を待つよりも、事前にある程度まで準備しておくとスムーズに事が運び信頼関係も保てます。

ページTOPへ

物事を始めるにはよい時期ですが、最初の一歩に注意するとよい月です。

カーナビを見ながら走っているのに目的地へなかなか到着しないような運気。同乗者の指摘を聞かず遅れそうになりますが、カーナビの地図情報が最新ではないことに気が付きます。今月は、周囲の意見を聞き入れて軌道修正をしていく柔軟さが必要になります。また、古い情報や口車に乗ると後々不利益を被る暗示があるので、常に最新情報をつかみ取るアンテナを張り巡らせておきましょう。

ページTOPへ

何事においても慎重な行動と言動を心掛けるとよい月です。

仲間を集め企画を推進していきますが、その中に反旗をひるがえす人が紛れているような運気。順調にみえていても物事が成立しにくい暗示があります。どのような場でも横柄な態度をとったり、本音や本心を不用意に発言したりしないよう注意しましょう。また、遠方からの取引や交渉事は「上からのお墨付き」があっても充分な精査が必要なときです。

ページTOPへ

全体をよく見てバランスを整える努力をするとよい月です。

上司から業績を褒められますが、先輩からは仕事のミスを怒られてしまうような運気。今月は、吉凶半々なので舞い上がり過ぎたり、極端に落ち込み過ぎたりしないよう気持ちを一定に保ち、片方に集中しないよう周りをよく観察して過不足を補いましょう。注目を浴びるときなので、会話中はたまに「微笑み」を織り交ぜると対応が良い方へ変化します。


ページTOPへ

常に先々を予測して、予定が入る前から準備をしておくとよい月です。

多忙なのに面倒な依頼事や問題が重なるような運気。努力以上の評価を得られる時ですが、心身共に余裕を失う暗示もあります。忙しさのあまり下準備を省くと思わぬミスを招き「適当にやっている」、「不誠実だ」と酷評されてしまうことも。今月は、優先順位を変えながら同時進行していく柔軟さが必要になります。できるだけ立ち止まらずに進みましょう。


ページTOPへ

九星気学って!?

九星気学とは、鑑定対象の方の誕生した生年月日によって、九つの星に分けられています。

一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごお うどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)です。

この九つの星がそれぞれの意味、性質、現象を持ち、年、月、日、人、方位に配当される事で、人や会社・国の運気や吉凶を占断することができます。

また方位の吉凶を占断することもできます。

右の図は後天定位盤(こうてんじょういばん)と言い、一白を北に、三碧を東に、九紫を南に、七赤を西にそれぞれ配しております。

この定位盤上を、それぞれの星が、年、月、日と一定の法則により巡行していきます。

後天定位盤

ページTOPへ